医学生こそやっておきたい医療体験・医療ボランティア

こんにちは、医学生のガッシーです!

 

医学生のうちに医療ボランティアとかやってみたい…

そう思ったことはありませんか?

 

学生のうちに体験するからこそ分かることもありますよね。

 

そこで以下の悩みを解決できる記事を用意しました!

  • 医学生におすすめの医療ボランティアって?
  • 医療ボランティアってどこで探せる?
  • 医学生が経験しておきたい医療体験は?

 

筆者が実際に参加した医療ボランティアも含めて、医学生におすすめのボランティア・医療体験を紹介しています。

ぜひ最後までご覧ください!

 

MEMO

医学部の勉強に役立つおすすめアイテムを紹介しています。

めちゃくちゃ効率よくなったので、ぜひ参考にしてください!

【超厳選!】医学部の勉強にめっちゃ役立つアイテム!【QOL上がる】医学部の勉強で役に立ったアイテム20選 忙しい医学生だからこそおすすめの時短グッズ【忙しい医学生・社会人になった研修医こそ】おすすめ時短グッズ12選【後悔しない】

 

医学生おすすめ医療ボランティア

献血

日本赤十字での献血

出典:日本赤十字社

最も身近で参加しやすいボランティアです。

近くの場所でも献血が行われているはず。

ガッシー

筆者も実習のオペ見学で知ったのですが、輸血はけっこうな頻度で行われています!

 

それだけ献血が必要とされており、採血時間も10分程度です。

簡単に参加できる医療ボランティアとしておすすめですよ!

献血できる場所を調べる:日本赤十字社

 

ヘアドネーション

ヘアドネーション

出典:つな髪

抗がん剤治療による脱毛や、脱毛症・抜毛症の方に対し髪の毛を寄付します

寄付した髪の毛はウィッグとなり、必要な方へと届けられますよ!

 

以下のサイトでは15cmから寄付することができます。

ガッシー

ヘアドネーションに協力している美容室でカットしてもらい、それを封筒に入れて送るだけです。

 

そこまで負担はないですよ!

 

髪をバッサリ切る機会があれば、ぜひ確認してみてください!

公式HP:ヘアドネーション

 

骨髄バンク

骨髄バンク

出典:骨髄バンク

白血病治療の骨髄移植ドナーとして登録を行います。

白血病は若い世代に多く、医学生と同世代の患者さんも多いです。

ガッシー

水泳の池江璃花子選手なんかも最近の話ですよね!

 

ドナーは18歳から54歳まで登録でき、特に若い世代のドナーが少ないそうです。

他の医療貢献よりハードルが高いですが、気になった方は以下のHPもチェックしてみてください!

公式HP:骨髄バンク

 

NPO・学生団体などでのボランティア

activo

出典:activo

医療系や看護系などのNPO団体でボランティアが募集されていることがあります。

  • 障害のある子どもへの学習指導
  • 病院内での通訳ボランティア
  • NPO団体での記事執筆・広告作成など

ガッシー

給料は出ませんが、特別な経験をできたり、いろいろなスキルを学べたりと魅力的な活動も多いです!

 

各NPO団体・学生団体のサイトから問い合わせてみたり、以下のようなサイトからも探せます!

ボランティア募集サイト:activo

 

おすすめボランティア団体など

国内外での医療ボランティアを行いたい方は以下のサイトも確認してみてください!

 

MEMO

医療系学生団体は以下の記事も参考にしてください!

医療系学生団体って何?医学生向け学生団体って?【何ができる?メリットは?】

 

また、どんな活動にせよ英語ができると重宝されますよ!

以下の記事も合わせてご覧ください!

【医学生のための】医学英語勉強法・オススメ教材【必見】医学生の医学英語勉強法!【おすすめ教材まとめ】医学部生こそTOEICを勉強すべき理由医学部生こそTOEICを勉強すべき5つの理由【おすすめ教材】

 

治験

コーメディカルクラブ

出典:コーメディカルクラブ

医学生だからこそ参加してよかった治験バイト。

ガッシー

最近はコロナ関係でワクチンや創薬に注目が集まっています。

その1つの過程を身を持って体験できたのは医学生としてめちゃくちゃ貴重な経験になりました!

創薬以外にも気軽に参加できる治験も多いですよ!

  • 塗り薬を毎日同じ時間に塗る
  • 健康食品を朝ごはんの後に食べる
  • 化粧品やウェアラブルデバイスを使って生活する

 

しかも参加すればかなりの額の治験協力費(謝礼)をもらえます!

1回の通院で1万円から、5日間の入院で10万円まで幅広い選択肢がありますよ。

短期間でめちゃくちゃ稼げるバイトです!

 

また、花粉症や便秘、冷え性など実際に困っている症状に対して無料で検査・治療を受けられるのもおすすめポイント!

 

\\ サクッと登録しよう! //

*登録・利用料無料。お金は一切かかりません

*数分で登録できます

 

MEMO

医学部生こそ治験バイトがおすすめな理由を紹介しています!

医学生に治験バイトをおすすめする理由6選【2021年】医学生のあなたに治験バイトをおすすめする7つの理由

 

ガッシー

治験募集サイトには必ず複数登録するのがポイント!

一つのサイトだけだと募集治験数が少ないので、選択肢を増やして納得のいく治験に参加しましょう!

①おすすめ治験募集サイト

②特定の治験内容募集サイト

生活向上WEBコスメ・健康食品の治験モニター

公式HP:生活向上WEB

\\ Try Now //

*発売前のサプリやコスメを無料で試せる(謝礼金ももらえます!)

*治験募集はいつ終わるか分からないのでお早めに

 

大学病院での医療行為の手伝い

大学や学年にもよりますが、大学病院で医療行為の手伝いをさせてもらえる機会があります。

  • 職員向けのワクチン接種
  • 研修医向けハンズオンに同伴して練習
  • OSCE試験の模擬患者
  • などなど

 

いつでも募集されているわけではないですが、チャンスがあったら参加してみるといい機会になりますよ!

 

医学生のうちに「自ら体験したい」医療経験

歯科矯正・ホワイトニング

医師の先生に聞いた話なのですが、地域医療をしていると「歯」について聞いてくる患者さんも多いそう。

明らかな虫歯があれば歯医者にかかるそうですが、矯正やホワイトニングについては医者に聞くことも多いそうです…

医学部で歯についてはそこまで勉強しませんよね…

 

そこで、学生のうちに歯科矯正やホワイトニングを体験しておけば、自分のためだけでなく、仕事としても役立つ知識になります。

 

また、歯科矯正は長い期間が必要で通院回数も多いです。

医学部を卒業してからは通いづらいので、通院時間の取りやすい医学生のうちに行うのがおすすめですよ!

 

MEMO

ホワイトニングはいつもの歯磨き粉を変えるだけでも試することができます。

 

歯がキレイになれば笑顔にも自信がつきますし、損することはありませんよ!

 

公式HPなら500円からでも試すことができるので、ぜひ活用してみてください!

Oralu

 

低用量ピル

公式HP:エニピル

低用量ピルは「避妊用具」というイメージがありますが、他にもたくさんのメリットが証明されています。

  • 生理痛・PMS(月経前症候群)の症状を抑える
  • 子宮内膜症を予防する
  • 卵巣がん・子宮体がんのリスクを低下させる

 

医学部の講義で聞いたのですが、筆者の大学の産婦人科女性医師は全員が低用量ピルを利用しているそうです。

「排卵って毎月卵巣を壊してるわけだから。そりゃ卵巣がんになりやすくなるわな」って言っていました。

ガッシー

産婦人科の先生いわく「生理のメリットは妊娠できること」だけで「あとは体が傷つくだけ」とまでおっしゃっていました。

 

医療者として知っておく、自分の健康のために利用してみるのも1つの選択肢になりますよ!

 

エニピルというサービスではオンライン診療で低容量ピルを処方し、送ってもらうことができます。

診察は土日祝日もOK、10時から24時まで利用可能です。

全てオンライン上で完結するため、受診が他の人に知られることもありませんよ!

 

\\ Try Now //

 

遺伝子検査

医学部の実習で遺伝子検査を行うことがありますが、自宅でもできますよ!

ガッシー

実はいろんな遺伝子を手軽に検査できます。

生活習慣を整えるヒントになるかもしれませんよ!

  1. ダイエット遺伝子検査キット
  2. エクササイズ遺伝子検査キット
  3. アルコール感受性遺伝子検査キット

医療脱毛

ヒゲのゴリラ脱毛
アリシアクリニック

 

美容医療を体験するのもけっこう面白いです!

ガッシー

「そもそも美容外科のクリニックってどんな感じなんだろう?」

そう思ったことありませんか?

 

本格的な美容医療は高額ですが、脱毛は比較的お手軽に試すことができます。

部位・病院にもよりますが10万円以下でも効果を感じるまで受けることができ、美容の分野では決して高額ではありません。

ガッシー

国試対策のビデオ講座を購入するのと同じくらいの金額です!

 

学生のうちは学割が使えてかなりお得なので、医学生の今のうちがおすすめですよ!

見た目に清潔感がでて、自信もつき、日々のQOLも上がります!

 

\\ Try Now //

 

\\ Try Now //

 

まとめ【医学生だからこそやっておきたい医療行為・ボランティア】

今回の記事では医学生だからこそやっておきたい医療ボランティア・医療体験を紹介してきました!

 

最後に、本質的なことをお伝えします。

「ボランティアとかやってみようかな…どうしようかな…」

と悩む気持ちもわかりますが、悩む時間がもったいないです。

 

ボランティアは短時間で参加できますし、負担もそこまで大きくありません。

 

悩むくらいなら、1回でもやってみて、違うなと思ったらやめればいいだけ。

ボランティアなので、自分の意思でやめてもいいわけですよね。

 

悩み続けてやらずに後悔するより、とりあえず話でも聞いてみたほうが貴重な経験ができますよ!