【厳選2冊】医学生・研修医向け『輸液』おすすめ参考書・教科書!

こんにちは、医学生のガッシーです!

 

『輸液』のおすすめ参考書・医学書を知りたい!

そう思ったことはありませんか?

 

医学書や参考書ってどれを選んでいいか分からないですよね…

しかも学生・研修医レベルの本を選ぶのも難しい…

 

そこで今回の記事では、

累計240冊以上の医学書・参考書を読破した筆者が、

医学生や研修医におすすめの『輸液』参考書を厳選して3冊紹介します!

ガッシー

『これを買えば間違いない』という参考書だけに絞りました!

 

実際に読んでみて、本当に分かりやすかった参考書だけ紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください!

 

【2冊厳選!】医学生・研修医向け『輸液』おすすめ参考書・教科書

レジデントのためのこれだけ輸液【おすすめ度:★★★★★】

『輸液』についてもめちゃくちゃ充実していますが、輸液以外にも様々な内容が解説されています。

  • 腎臓での電解質調整・物質交換
  • 電解質異常による疾患
  • 酸塩基平衡
  • 血ガス分析

輸液以外も学べてコスパのいい1冊!

ガッシー

もちろん「輸液」の解説も詳しく、めちゃくちゃ分かりやすいです!

1冊選べと言われたら間違いなくおすすめできる厳選の1冊!

 

輸液ができる、好きになる【おすすめ度:★★★★☆】

輸液のかなり細い部分まで勉強できる一冊。

他の本との違いは、具体的な数値までかなり突っ込んでいるポイント。

「〇〇液を時速○mlのペースで入れたら、Naはこのペースで上がってくるはず」

のような計算問題を解きながら輸液について理解を深められます。

 

机上の空論だけでなく、具体的な数値で輸液の勉強をしたい方におすすめです!

ガッシー

「あなたが海上で遭難したとして、海水と純水を使って生理食塩水を作ってできるだけ長く生き延びなさい」

このようなおもしろい練習問題も掲載されていました!

 

ただし、デメリットは出版が古く、情報も古いこと。

発売中止になっている薬剤が出てきたり、最新の薬剤が載っていなかったりします…

あくまで『輸液』の原理部分を学ぶために使いましょう!

 

まとめ【医学生・研修医向けおすすめ『輸液』参考書・教科書】

今回の記事では、医学生・研修医におすすめの『輸液』参考書・教科書を紹介してきました!

 

最後に、重要なことをお伝えします!

「分かりやすい参考書が欲しい…もう少し情報を集めようかな…」

と悩む気持ちもわかりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

 

「悩んでいる」ということは興味がある証拠。

興味ある分野は参考書の1冊くらい読んでみて損はないと思いませんか?

しかもこの記事で紹介した本は数多くある医学書から厳選した3冊。

悩んでダラダラ過ごすくらいなら、まずは1冊読み始んでみるのが建設的です。

 

1冊なら時間もお金もそんなにかからないですよね。

やらずに後悔するより、とりあえずやってみたほうが自分のためになりますよ!

ガッシー

勉強して損することはありません。

むしろ、悩み続けるほうが時間の無駄ですよ!

 

MEMO

医学書・参考書を安く買う方法は以下の記事で紹介しています!

医学書をお得に買う方法医学書・教科書・参考書を安く買う方法は?【割引方法まとめ】

 

簡単にまとめると、医学生には以下の方法がおすすめです!

  1. Amazon Prime Studentで10%以上のポイント還元
  2. Amazonチャージ(公式)で21%ポイント還元

両方を併用すれば通常価格の30%近い割引で教科書・参考書を購入できますよ!

 

\\ Try Now //

*無料体験はいつ終わるのかわからないのでお早めに

*無料体験のみならお金は一切かかりません

 

\\ Try Now //

*プライム会員はいつでも最大2.5%還元

*初回は1000ポイント追加還元。最大21%還元に!

 

【必見】医学生のためのAmazon Prime Student超有効活用法

研修医・医師の方には以下の3つがおすすめです!

  1. 民間医局で最大12%割引
  2. Amazonチャージ(公式)で21%ポイント還元
  3. or amatenで10%以上の割引で購入できるAmazonギフト券を探す

いらなくなった本は早めに売るのがおすすめ!

ガッシー

一冊1000~2000円以上で買い取ってもらえることもありますよ!

いらない医学書はお小遣いにしよう!いらない医学書は売るのがおすすめ!【簡単に高く売却できます】